地域連携

第6回大分大学技術交流会で本学女性研究者の活躍を見てきました!(12月18日)

2014年12月18日(木)に市内のホテルを会場に第6回大分大学技術交流会(産学官連携推進機構主催)が開かれました。大分の産学の技術的交流を深めることを目的として本学の工学・医学系の研究者をはじめ、他府県からも大手企業や研究機関の研究員・技術者らが集い、最新の知見と先端技術の成果を盛り込んだ多彩な講演が2つのセッションで行われました。

 そのうち ≪健康生活に貢献する医工連携技術と活躍する女性研究者≫ のセッションでは、全学研究推進機構の酒井久美子先生が「質量分析装置で何が分かるか?〜医療分析分野への新規参入を目指すには〜」との題でお話しをされ、代謝物の分析により生命現象を理解する研究領域「メタボロミクス」について、農産品の機能性を解明して多くの付加価値をつけられることや、生理・病理機構の解明など医学への応用の可能性を示されました。
 続いて、工学部応用化学科の信岡かおる先生が「材料,医薬品開発へのグリーンケミストリーによるアプローチ〜液体の塩“イオン液体”の活用〜」との題で、生物・地球環境へ配慮した生産システムや生産効率のための「グリーンケミストリー」に則った「イオン液体」が、その特性を活かして多方面にもつ魅力を紹介されました。
 医学部看護学科の脇幸子先生は「糖尿病患者のQOLを支える医療と地域の技術コラボレーション〜QOL:Quality of LifeへのIT(情報技術)の活用〜」との題で、患者のセルフケアの重要性とともに、それを支えるための社会資源の整備、そこへチームで地域と連携しかかわって行くことの大切さを指摘され、そのためのITを活用した情報提供システムの構築の取組を紹介されました。

3名の先生のいずれの方も、豊かな可能性を視野に入れて創造的に研究に携わっていらっしゃいました。

2015年01月09日

女性研究者活動支援事業シンポジウムに参加しました!(11月26日)

 平成26年11月26日に,女性研究者活動支援事業シンポジウム「女性研究者支援とダイバーシティ・マネジメント」が一橋講堂で開催されました。大分大学からは男女共同参画推進室長,総務部長および男女共同参画推進支援係の1名が参加しました。

午前中は,6つのテーマの分科会ごとに参加機関がわかれ,両立支援,意識改革,ポジティブ・アクション(採用、登用),研究力向上・リーダーシップ育成,研究力向上・リーダーシップ育成,次世代育成の施策などについてグループディスカッションを行いました。
各機関の取組について,ポスター展示も行われました。
 午後から基調講演,橋本孝之氏(日本IBM 株式会社会長)の「IBMの経営とダイバーシティ―」と特別講演,前田芳實氏(鹿児島大学学長)「きばいもんそ!!かごっま 〜意識改革を目指して〜」,文部科学省科学技術・学術政策局人事政策課人材政策推進室長 和田勝行氏による「女性研究者研究活動支援事業について」の来年度事業の概要説明,その後分科会のグループ成果発表・および活発な質疑応答が行われ,参加機関で取組の共有を行いまし
  大分大学は,分科会「ポジティブ・アクション(採用、登用)」に参加しました。他機関の取組,特に女性の上位職への登用について具合的に知ることができ,今後につなげていきたいと思いました。

2014年12月11日

開放イベント「女性研究者の学会派遣 報告展示」(11月3日)

本学では,平成22年度より女性研究者に対する研究活動のサポートとして,学会派遣支援を実施しております。
平成22年度から毎年、女性研究者10名程度を国内外に派遣して、学会活動あるいは共同研究活動の推進を支援しています。「国際学会」「国内学会」の2部門に分け、平成23年度からは、大学院生も対象に加えました。「春季」「秋季」の2回に分けて募集を行い、年々応募者は増加しています

 11月3日(月祝)の大分大学開放イベント2014の一つの企画として,男女共同参画推進室では,旦野原キャンパスにおいて,「女性研究者の学会派遣 報告展示」を開催しました。 研究内容のポスター展示報告など,女性研究者のスキルアップ及び女性大学院生のキャリア形成支援実績を地域の方々へ紹介しました。
 学会派遣支援に採択された女性研究者が,発表の研究内容,発表後発展した現在の研究内容,学会会場の様子,学会発表の旅行記や研究室(学生生活)について,ポスターを作成,展示しました。各自のポスター前で,地域の方々から質問を受け,わかりやすく説明しました。 

   アンケートでは
「興味のなかった分野に関心を抱く良い機会になった」,
「今後、女性ということを意識することなく、研究ができる社会になれば良いと思う」,
「皆さん生き生きとしていて好感をもった」
「研究って難しそうなイメージばかりだったが、実際に話をきいてみて楽しそうだと感じた。自分も研究者になりたいと思った」など沢山のコメントを頂きました。
 小学生から「かっこ良かった!」と嬉しいコメントもありました。

 

2014年11月12日

第6回九州・沖縄アイランド女性研究者支援シンポジウムin熊本に参加しました。(9月20日)

第6回九州・沖縄アイランド女性研究者支援シンポジウムin熊本「大学・地域・社会の連携と多様性の実現 社会変革に向けた大学の役割」をメインテーマに,九州・沖縄の11大学ほか共催によるシンポジウムが熊本大学工学部百周年記念館で開催されました。

 【第1部】の特別講演は「IBM の経営とダイバーシティ
」と題して,日本アイ・ビー・エム株式会社の橋本孝之会長の講演が行われました。
 【第2部】は九州・沖縄 10大学理事・副学長による 「ダイバーシティ」という視点から 〜女性研究者の活躍を広げるために〜」をテーマにパネルディスカッションが行われ,本学の西山理事が大分大学の3つ取組ー栖祇限なし・急性期対応の病児保育室⊇性研究者,特に若手研究者や女性大学院生への研究活動支援(学会派遣支援)9盥酸犬判性大学院生との交流 (高校訪問・オープンキャンパス企画)や教養教育科目「男女共同参画入門」の授業開始などの次世代向け啓発活動についてと,今後取り組みたいこととして地域と連携した男女共同参画の推進を紹介しました。各大学の取組を紹介しながら,課題等についてコメンテーター,コーディネーターの方々からのご意見ご感想を受け,率直に意見を出し合いました。
 最後に「熊本宣言」を採択して,シンポジウムは終了しました。

2014年10月03日

スキルアップ研修で男女共同参画の講演をしました。(9月10日)

 松浦室長が平成26年度九州地区国立大学法人等技術職員スキルアップ研修において「今なぜ男女共同参画?〜研究機関での取組〜」と題し,なぜ男女共同参画が必要か?国の施策,研究機関の取組を紹介し,男性にとっての男女共同参画について,特に「固定的性別役割意識」を説明しました。Let's try! 職場における性別役割分担意識に関するチェックリストや意識調査の数値や図を示し,仕事と生活の両立,ワーク・ライフ・バランスをお伝えしました。

2014年09月17日

オープンキャンパス2014同時開催「女性研究者と語ろう」 (旦野原キャンパス)





 8月8日(金)の大分大学オープンキャンパス開催日,男女共同参画推進室では,旦野原および挾間キャンパスにおいて,「女性研究者と語ろう」を同時開催しました。
 今年度は新たに「きらやかな ★ 大学院生 可能性を広げよう!」と題し,高校生に年齢が近く話をしやすい大学院生が,両キャンパスともに参加しました。ポスター展示,画像資料などにより大学での研究や勉学,生活についてアドバイスをする大学院生と高校生との交流を企画しました。

 旦野原キャンパスの大学院生7名(工学研究科5名,教育学研究科1名,経済学研究科1名)は,「今やっている研究・実験(内容)」「研究の面白いところ(魅力)」「悩んだときの解決策!」[進路決定のきっかけは」「進学(目標)に向けて,勉強のとりくみ」「高校生・後輩の皆さんへ」の内容でポスターを作成,展示しました。各自のポスター前ブースで,高校生へ研究の楽しさ,大学生活ついて画像資料を見せながら話し,高校生からはサークル活動,受験勉強,物理・数学の勉強の仕方などの具体的な質問が寄せられました。
 また昨年度同様に教育福祉科学部,経済学部および工学部の女性教員も研究の魅力,大学で研究するという進路があることや自身の進路決定のきっかけなどについて語りました。

 アンケートでは
「研究の内容が色々あることわかり,大学院の生活を楽しんでいるように見えた」
「女性研究者が少なく大変なことも多いが,男性と同じように結果を残せば評価されると思う。高校生の頃からしっかり勉強して,知識を積み重ねていきたいと思った」
「工学系に興味はなかったが,視野を広げることができた」
「進路に悩み未定なことが多いが,女性研究者の方のように学びたいことを見つけて進んでいきたい」
「大学院生で学んだことを発表する際に支援があり,女性に対して色々なサポートをしていることを知った。志望の学科はあまり女性がいないそうだが,サークルなどで他の科の女性と交流することができるとアドバイスをもらった」
など沢山のコメントを頂きました。

2014年09月02日

オープンキャンパス2014同時開催「女性研究者と語ろう」(挾間キャンパス)



 挾間キャンパス(医学部)のオープンキャンパスでは、医学科と看護学科それぞれの「進学説明会」会場入り口に、「女性研究者と語ろう」のブースを設けました。
 ブースの脇には、今年から協力してくださるようになった女性大学院生たちのロールモデル・ポスターを掲げ、その院生の皆さんと女性教員(医学科では松浦室長と中川先生、池辺先生、看護学科では吉良部門委員)が、立ち寄った高校生や保護者の方々と、質問に答えつつ、にこやかに歓談しました。
 また、看護学科会場では、「進学説明会」の中で、室長と吉良部門委員、看護学科の大学院生が、場内の高校生や保護者の皆さんに、大分大学の女性研究者支援の取組について説明し、研究することの魅力と、女性研究者が結婚・出産・育児等のライフイベント時であってもキャリアを継続できる環境整備により女性にも研究者という選択肢が開かれていることを伝えました。
 高校生からは、「女性で、子供を育てながらでも研究できると分かって、興味がとてもわきました」、「女性ならではの質問に丁寧に答えて下さって不安や疑問が少し解消されました」等、積極的な反響の声を多数いただきました。

                    ( 挾間 : M )

2014年08月26日

「アイネス男女共同参画フェスタ2014」に参加しました

 6月21日(土)から22日(日)までの2日間、大分県消費生活・男女共同参画プラザ(通称アイネス)で「アイネス男女共同参画フェスタ2014」が開催されました。
 フェスタ期間中は,「団体・グループの活動パネル展」が催され、当室からも大分大学の男女共同参画に関する活動成果や課題と啓発活動,教育・研究の推進についてまとめたポスターを、昨年度に引き続き出展しました。

2014年06月22日

大分大学オープンキャンパス:「女性研究者と語ろう」を開催しました(旦野原キャンパス)





【旦野原キャンパス】

男女共同参画推進室は,8月8日(木)大分大学オープンキャンパスの開催に併せて,男女共同参画をテーマにしたパネル展示,DVD上映を行いました。さらに,学部女性教員による「女性研究者と語ろう」を開催しました。

旦野原キャンパスでは,教育福祉科学部,経済学部及び工学部の女性教員が,女子高校生からの質問に対し,これからの進路に関するアドバイスや,研究の楽しさ,研究者への道のりなどについて,分かりやすく親身に説明しました。

参加した高校生からは,
「とっても聞きやすかった。分からないことがいっぱいあったから相談してよかった」
「女性が研究者になることはあまり聞いたことがありませんでしたが,サポートがあると知って自分自身も興味を持つことができました」
「女性研究者が増えるといいと思いました」
「研究者に男女の中で差があってはいけないと感じたので,FABの取組みはとてもいいことだと思いました」
などの感想がありました。

2013年08月08日

大分大学オープンキャンパス:「女性医師・女性研究者と語ろう」を開催しました(挾間キャンパス)





【挾間キャンパス 】 
 
挾間キャンパスでは,医学科と看護学科それぞれのメイン会場入り口にブースを設け,「女性医師・女性研究者と語ろう」を開催しました。
看護学科では男女共同参画広報・地域連携部門委員の吉良委員が,医学科ではキャリア部門の内田委員,女性研究者として大下先生,森島先生,盒鏡萓検ぞ庄瑳篠垢,研究者という進路についてや,仕事と家庭との両立ということについて,話しました。
憧れの医師や看護師が語る言葉に,訪れた高校生たちは興味を持って耳を傾けていました。
 アンケートには,
「医師になれたからには辞めたくはないが,サポート制度があれば仕事に専念していける」,

「サポートが充実した大分大学は女性が働きやすい環境だと感じた」
「(仕事と家庭の)両立のサポートがあることはとても重要なことだが,今まで個人の努力にまかせていた所があるので今後も頑張ってほしい」
「男性の育休も進んでいくとよい」
といった,将来への展望や当室の事業への評価の声をいただきました。

2013年08月08日

大分市子育て支援課長による講演が行われました

 7月2日(火)に開催した第2回両立支援部門会議では、前回の部門会議で委員から出された意見を受けて、大分市の子育て支援課長の戸高克彦氏を講師に迎え、これからの育児支援行政についての講演も併せて実施しました。
 特に、旦野原キャンパスでの育児支援の方向性を考えるうえで、国や地元大分市の施策の方向性を知ることを目的としたものです。
 戸高課長からは、国の子ども・子育て関連3法の施行を前に、大分市の準備状況や、事業者内保育所を含めた保育行政を中心にお話しいただきました。

 なお、本講演には、両立支援部門の委員だけでなく、他部門の委員も聴講しました。

2013年07月02日

「アイネス男女共同参画ウィーク2013」に参加しました

 6月22日(土)から25日(火)までの4日間,大分県消費生活・男女共同参画プラザ(通称アイネス)で「アイネス男女共同参画ウィーク2013」が開催されました。
 ウィーク期間中は,「団体・グループの活動パネル展」が催され,当室からも大分大学の男女共同参画に関する活動成果や課題をまとめたポスターを,昨年度に引き続き出展しました。

2013年6月25日

大分県の講座で,本学の取組を説明しました

 大分県アイネスが主催する「男女共同参画実践者講座」の最終回が平成25年2月25日に開催され,最後の1コマで,松浦室長が本学の男女共同参画に関する取組について説明しました。

 この講座には,県内市町村の男女共同参画行政に携わる職員や民間団体・NPO法人の関係者が参加していることから,今後の連携についての理解を求め協力を要請しました。
講座終了後,県内市町村で初の男女共同参画センターを開館予定の別府市から,早速,講演会開催についての協議を受けました。

2013年3月1日

大分市第2回男女共同参画推進関係団体懇談会に参加しました

 平成25年1月9日,大分市役所8階大会議室において平成24年度第2回男女共同参画推進関係団体懇談会が開催されました。  懇談会の中で,女性研究者サポート室長が「大学における女性研究者支援の取組みについて」と題した講演を行い,大分大学における女性研究者の現状や,これまでの取組み支援活動について具体的に説明し,今後は地域貢献できる大学をめざして男女共同参画を推進し地域自治体・企業などと連携を深めていきたいと述べました。  参加された関係団体のみなさまからは,大分大学を含め地域一丸となってこの男女共同参画の推進に取り組んでいきたいという意見をいただきました。

2013年1月11日

男女共同参画シンポジウムに松浦恵子室長が登壇しました



 大分大学医学部祭関連行事として行われた「先輩と語ろう!!男女共同参画シンポジウム」(主催:大分県医師会男女共同参画委員会)のトークセッションに松浦恵子室長が登壇しました。
 松浦室長は,「先輩たちの歩む道〜つづけるために」というテーマで,女性医師を取り巻く背景や就労継続が難しい現状,そのような現状を打開する具体的取組や大分大学女性研究者サポート室の取組み内容について話しをしました。
 また,平下有香先生(大分大学医学部総合診療部・消化器内科),山末まり先生(同総合内科学第三講座・呼吸器内科)の御二方がゲストとして招かれ,先輩医師の立場から,ご自分の経験・現状について話されました。「家庭と仕事の両立はハードで悩みは尽きないが,医師という仕事にはやりがいがある」,「理解し,支えてくれる上司・同僚・家族への感謝は尽きない,それを少しでも恩返しできるよう,社会や大分の医療に貢献したい」ということを研修医や学生へのにメッセ―ジとして話されました。
 先生方はその後,学生や参加者から「専門科の進路選択をどのように考えたのか?」「ハードであるのに,家庭と仕事の両立を実践しようとする意欲はどこから湧き上がるのか?」といった具体的な質問にも丁寧に答えられ,大変有意義なシンポジウムでした。

2012年10月11日

「アイネス男女共同参画ウィーク2012」に参加しました

 6月23日(土)から26日(火)まで,大分県消費生活・男女共同参画プラザ(通称アイネス)で開催された「アイネス男女共同参画ウィーク2012」に,本学も昨年度に引き続き,一部行事に参加しました。

活動パネル展には,昨年度と同様にポスターによる参加,そして,24日(日)の映画講座第2部のトークセッションには,パネラーとして,医学部の森島真幸助教が登壇しました。

森島先生は,「なりたい自分をあきらめない」というサブタイトルのトークセッションで,県内で活躍する女性の消防士や大工棟梁とともに,女性が少ないという職場環境の中での家庭との両立の苦労や研究のやりがいを率直に語り,会場の参加者に感動を与えました。

2012年6月28日

テニュアトラック普及・定着事業大分大学Q-wea's net