トピックス・イベント情報

第2回長崎大学 男女共同参画推進シンポジウムに参加しました

 

 平成23年12月9日 長崎大学医学部良順会館ボードインホール(2階)にて第2回長崎大学男女共同参画推進シンポジウム『おもやいキャンパス〜さらなる多様性を求めて〜』が開催され、大分大学からも室員が参加しました。

 

 最初に、国境なき医師団日本会長 黒伸子氏より「医師として、人として〜国際的緊急医療活動に至ったのは?〜」と題し講演が行われ、女性として様々な働き方があり選択方法があることをご自身の経験を踏まえてお話されました。

 

 次に、H21年度より開始された文部科学省の女性研究者研究活動支援事業として長崎大学で進められてきた、3つの部門による支援活動についての成果発表が行われました。
 人間環境支援部門では、実態調査を行ったうえでの広報活動や、セミナー・講演会などを行い男女共同参画に対する大学全体の意識改革を行い、さらに女性研究者の相談指導体制の整備として、長崎大学独自の方法を組み込んだメンター制度の確立についての報告がありました。
 両立支援部門では、育児支援である「おもやいキャンパスサポート」として、研究・業務・学業等で自宅での育児が難しい場合に、学生サポーターによる子供の一時預かりをする学生の参加型・循環型支援システムが導入されており、また、研究者支援として「テクニカルサポート」という研究補助員の雇用についての報告が行われました。
 女性研究者拡大支援部門では、女性研究者を増やすため採用時の女性枠の設定や、また、ロールモデルの作成や女性研究者との交流会など様々な取り組みについての報告がありました。
 

 この他にも長崎県内の男女共同参画推進センターと連携し、お互いの課題を共有しながら長崎全体での啓発活動に取り組まれていました。

 大分大学でも昨年から同事業を進めておりますが、今回のシンポジウムを参考に課題点なども含め、今後の活動に活かしていきたいと思います。

2011年12月19日

一覧に戻る

大分大学Q-wea's netチアーズ男性リーダーの会女性研究者紹介 産学官連携推進機構くるみん認定企業