トピックス・イベント情報

平成29年度後期教養教育科目「男女共同参画入門」の講義が行われました

  平成29年度後期教養教育科目「男女共同参画入門」の講義が11月8日(木)2限に行われました。
  当日の授業講師の岩佐礼子氏(東京大学大学院新領域創成科学研究科客員共同研究員)をお迎えし、「世界の多様性から見つめ直す日本と自分」と題して、海外と日本の学校の違いから国の政策の多様性まで、留学やユニセフでの経験を踏まえて紹介いただきました。
「ダイバーシティの本質は、性別でも年齢でもなく物事を多角的に見て、問題を解決していく発想ができるということであるのだから、自分の可能性を試し、自分自身の多様性を育てていくことが大切」という言葉が印象的でした。

2017年11月10日

一覧に戻る

テニュアトラック普及・定着事業大分大学Q-wea's net