トピックス・イベント情報

「母と娘のこころを揺さぶる現場体験―躍動するリケジョとの「一生わすれない」能動学習」講演会「未来創発に向けたNRIのダイバーシティ〜輝くあなたの未来のために〜」を開催しました。

   2017年1月27日(金)、本学旦野原キャンパスにおいて、平成29年度JST女子中高生の理系進路選択支援プログラム採択事業「母と娘のこころを揺さぶる現場体験―躍動するリケジョとの「一生わすれない」能動学習」の一環として、大分県内の女子中高生の保護者や県内企業を対象に、講演会を開催しました。講師には、株式会社野村総合研究所(NRI)人材開発部ダイバーシティグループグループマネージャーの太田百合子氏をお招きし、「未来創発に向けたNRIのダイバーシティ〜輝くあなたの未来のために〜」というタイトルでご講演いただきました。この講演会には、本学学生や教職員も参加し、当日は約70名の方がご参加くださいました。

   講演では、はじめにNRIの事業紹介と太田さんご自身の経歴紹介があり、NRIがどれだけ身近な企業であるのか、また、太田さんご自身が育児休業を取得した時代は今とどのような違いがあったのかなどのお話がありました。

   次に、NRIでの現在の女性活躍推進の取り組みを挙げ、―性の活躍無しに企業の発展はないとし、社員一人ひとりがいきいきと働き続けられることを目標に発展を続けていること、∪別に関わらず、社員の意識調査結果を受けて制度を見直したり、プライベートの充実を図るための座談会を開催したり、積極的に社員の意見を反映していること、産後も働き続けたい女性のために、妊娠中から上司との面談の場を設け、そこに立ち会い、業務に関する内容や意識に対して双方に指導を行っていること、これらについて話されました。「社員が自分らしく働き、活躍できる環境を作っていくために」、日々、細やかな努力を重ねておられる太田さんのお話に、聴講されている方々は心を奪われておられました。

 講演の最後に、太田さんは「学生時代は、社会に出てからの基礎を磨く大事なとき。笑顔であいさつや声掛けをすることや、受け身ではなく自ら動いてチャレンジすること、いろんな人とたくさん話して、人の話を聞く力や自分の意見を伝える力を鍛えておくこと…社会で活躍するために、これらの癖を身につけておきましょう。」と、これから進学、そして社会へ羽ばたいていく女子中高生をお持ちの保護者や学生たちへアドバイスを贈りました。

 

   講演後に開かれた太田さんを囲んでのランチミーティングには、本学教職員と当室長の松浦先生、それから室員、大学院生が参加しました。この席ではより具体的な女性の社会進出に関する話題で盛り上がり、太田さんからは、職場における相談窓口の周知の大切さや、制度を改革するにあたって理解を得るためのヒントを教えていただきました。また、就職するにあたって漠然とした不安を抱いていた大学院生へは、「先のことを思い悩むより、できることを精一杯頑張って、壁にぶち当たったときに悩めば良い。」と話し、目指すキャリアはその時の状況に応じて変えても良いこと、キャリアは変わったとしても、これまでの努力は決して無駄にはならないということ、これらを忘れないで欲しいなど、キャリア教育に関しても役立つ貴重なアドバイスもいただき、大変実りのあるひとときとなりました。

 

2018年02月16日

一覧に戻る

大分大学Q-wea's netチアーズ男性リーダーの会女性研究者紹介 産学官連携推進機構くるみん認定企業